HOME>オススメ情報>トラブルを生む会社にしっかりと払わせるための法的措置
男性弁護士

法律に関する部分のサポート

働いた分の残業代は法律で認められている権利ですが、会社側が様々な理由を付けて支払わないことは少なくありません。そんな時は残業代請求をする必要がありますが、法律に詳しくないととても難しいです。会社の言い訳の穴を見抜くことができず、逆に丸めこまれてしまうかもしれません。そこで専門家である大阪の弁護士に依頼すると、法律に関する知識面で困ることはほとんどなくなります。残業代請求を成功させるためには、未払いである証拠の収集や会社の状況の把握など、やるべきことが数多くあります。それを仕事の片手間で行なうのは大変ですが、弁護士がその大部分を引き受けてくれます。そして残業代請求を行なうような段階だと依頼する側も進退を考えなければならない場合が多く、最低限の負担のみになるのでそちらに重点を置くことができます。

すぐに連絡できることが大事

大阪での残業代請求ではほとんどの作業を弁護士に任せることになるため、成功できるかどうかは弁護士の技量にかかっています。そして請求先である会社が弁護士を立てた場合は、労働関係に強い可能性が非常に高いです。それに対抗できるように、請求する側も同じく労働関係に強くなければなりません。その基準として、実際にどれだけの残業代請求に成功しているかで判断すると良いでしょう。また残業代請求をしなければならないような会社は、どのようなタイミングで新しいトラブルを持ってくるかわかりません。そして大抵の場合は専門的な知識で武装をしてくるため、依頼者側だけでは対処できないことがほとんどです。なのでそのようなトラブルにもすぐに対応してもらえるように、常に連絡を取り合えるところに依頼をしましょう。