解決が難しいときは、やはりプロに任せたい

離婚

いざ離婚を考えたときに、スムーズに行けばそれに越したことはありませんが、慰謝料や親権などさまざまな問題が折り合わず、なかなか円満離婚が難しそうなこともあるようです。そんな時に強い味方となるのが、離婚などを専門に扱う弁護士に依頼することです。なぜ専門家に依頼する必要があるかといえば、一番良い形で新たな人生を歩むためです。誰にも相談せずに手続きを進めることも不可能ではありませんが、後々新たなトラブルが生じて問題を起こさないためにもしっかりと手続きを踏むことが大切となるのです。良くあるケースとしては、慰謝料に関する取り決めをしっかり書面として残さなかったことで、双方で合意したはずの養育費や慰謝料の支払いが滞ったりする場合などがあります。その点、プロにまかせていれば法的に有効な書面の作成から手続きまで、無事に済ませることが可能になります。

弁護士だからこそ出来ることは

家族

離婚に関する書面の作成は行政書士などにもお願いすることはできますが、代理人にはなれません。慰謝料請求などの法的手続きほぼ全てに対応可能なのは、弁護士だけになります。相手がどうしても請求に応じてくれないとき、親権が得られそうもなくて困っているとき、そんな様々な問題に代理人となってバックアップしてくれるのが専門家の仕事です。特に離婚に特化した人に任せれば、多くの対応事例や実績を持っていますので心強いはずです。高い費用がかかるのでは、と考える人もいるでしょうが、事務所によっては問題解決ができなかったときには、一度支払った着手金や日当などを返金してくれるところもあります。また着手前でも無料相談などを行っている事務所が多くありますので、一人で悩んでいる時にはまず相談してみることで気持ちも楽になることもあります。

良い弁護士の選び方、そのポイントは

離婚届

実際に離婚相談をするにあたっては、出来るだけ良い弁護士を選び、確実に離婚問題を解決できる人に依頼するのがベストです。ではどんなポイントで選べば良いのでしょうか。まずは、「離婚調停などを含め過去に行った解決実績が多いこと」です。実績が多ければ多いほど様々な事例を経験していて、それらを解決してきた経験があります。過去に扱った多くのものを参考に、一番良い解決法や手続きを選択してくれますので、長い時間を要さずにしかも有利に離婚成立ができる可能性が高くなります。次に、「費用など料金が明確なこと」です。一般的に弁護士に依頼した時の費用は着手金と成功報酬が基本ですが、その費用が一般相場とあまりにかけ離れている場合には注意が必要です。契約前には費用の算出方法などについて詳細に確認し、あいまいな部分がないようにしておきましょう。そして「自分との相性」というのも不可欠な要素となります。どんなに優秀な弁護士であっても、人には相性というものがあります。判断するには、無料相談などでじっくり話してみて人柄や自分との相性などを見極めると良いでしょう。